多読「アフターダーク(After dark)」


村上春樹のアフターダークを読み終わりました。2004年に刊行された作品で2021年に読むと古めかしく感じる部分が多々あり。それを差し引いても、2006年に発売された文庫本で読んだときの感動は今はなく、こんな感じの内容だったのか、と思うのみだった。年を取るというのは、こういうことか。

英語自体はLexile指数は710Lだから、TOEICのReadingが200点もあれば読めるレベルだそうです。私はReading405点ですが、読むのがやっとでした。。文法よりもボキャブラリーの問題だと思います。

 

真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062125366
番号タイトルLexile measure単語数
1Facebookを創った男10,612
2アメリカFAX25,957
3スティーヴン・ホーキング・ストーリー10,115
4ロスト・イン・トーキョー23,234
5ビル・ゲイツ・ストーリ13,411
6木を植えた男4,001
7Rich dad poor dad61,479
8ノルウェイの森(Norwegian Wood)790L117,450
9アフターダーク(After dark)710L49,880
合計266,259

  

文字数

https://www.readinglength.com/book/isbn-0307265838

 

Lexile measure

https://www.amazon.com/After-Vintage-International-Haruki-Murakami/dp/0307278735