在宅介護中の父に訪問診療で処方された薬たち


80歳の父。パーキンソン病疑い。片耳は補聴器でも聞こえず、残りの耳も補聴器で何とか聞こえる程度。歩行がどんどん難しくなっていて現在は要介護3。要介護3のタイミングで通院ができなくなり、月2回の訪問診療を契約して今に至る。

トイレは3回に1回は失敗しておむつにしてしまう。お風呂は自分で入れず、介助されながら週1回入る。同居の母が用意した食事は、席でゆっくり食べることは可能。タバコとお酒を止めることができず、血液検査の結果は悪化中。1日の大半は睡眠。

フェブリク錠10㎎(ビールの飲みすぎによる痛風用)

エンシュア・リキッド 栄養剤(液体タイプの経腸栄養剤。食事だけだと栄養不足になることがある。)

ツムラ抑肝散エキス顆粒(怒りっぽい、興奮しやすい、イライラするのの対応)

メリスロン錠6mg (回転性のめまい用)

ツムラ補中益気湯エキス顆粒(胃腸の消化・吸収機能の向上のため)