多読「ノルウェイの森」


高校生の時に日本語で読んだ「ノルウェイの森」を英語でも読了。固定電話は共用、連絡手段は手紙、たばこを吸いまくる、という設定に時代を感じました。

 

最後の章がこの物語で一番スピード感があり、盛り上がるところでしたが、英語で読んでみると、英語による読解力の弱さからか、あっさりとした読了感でした。

 

映画「ノルウェイの森」は、私がイメージするワタナベ、直子、緑と実際の配役が違いすぎて、怖くて見れていません。ワタナベ が松山ケンイチまでは良くて、直子が 菊地凛子、緑が水原希子というのがどうも私のイメージと違う。。体型だけ考えると、直子と緑は逆かと。

 

 

番号タイトルLexile measure単語数
1Facebookを創った男10,612
2アメリカFAX25,957
3スティーヴン・ホーキング・ストーリー10,115
4ロスト・イン・トーキョー23,234
5ビル・ゲイツ・ストーリ13,411
6木を植えた男4,001
7Rich dad poor dad61,479
8ノルウェイの森(Norwegian Wood)790L117,450
合計266,259