マンションのLANが故障??自分で修理


自宅のインターネットが突然つながらなくなった。

在宅勤務中にZOOMとかTeamsとかSkypeでオンラインミーティングを行うことが多いので、無線LAN接続はせずに有線LAN接続をしている。急にネットワークに接続できなくなり、仕事中にトラブルシューティングをする羽目になった。

部屋にある情報コンセントに直接会社貸与のPCを接続していたので、情報コンセントの先にあるスイッチングハブもしくは、そのスイッチングハブの先にあるマンションの集合ハブのどれかが壊れていると思ったが、別の部屋の情報コンセントに接続している無線LAN用のルーターは問題なく稼働していたので「問題なし」と判断した。

残る部分は、情報コンセントとスイッチングハブの間のLANケーブルと情報コンセント。両端にスイッチングハブを設置してリンクがあがるのかを確認したところ、リンクがあがっていないことがわかった。

LANケーブルが自然に断線することは考えられないので、接続部分の情報コンセントを疑った。スイッチングハブ側は抜き差しを滅多にしないので壊れていないと仮定して、情報コンセントを交換してみることにした。

業者に頼むと出張費10000円+材料費は最低かかるみたいだったので、自分で交換をしてみた。100V電源は電気工事士じゃないと変えられないし、個人では危ないので変えられませんが、こっちは自分で変えることができます。買ったのは、下記のパナソニックのコネクター(モジュラージャック)。

LANケーブルの8本の線はそれぞれ色がついているます。コネクターにもそれに対応した色がついてます。その色に合わせてケーブルをはめ込むだけで取り付け完了できました。慣れない作業で30分ぐらいかかったけれど、無事開通しました。

コロナで業者を呼びたくないとか、節約したい人は下記のモジュラーを買って自分で工事すうことをお勧めします。結構簡単でした。